spacer
アジア・中国関連ニュース詳細
アジア・中国関連ニュース詳細

Home > アジア・中国関連ニュース一覧 > アジア・中国関連ニュース詳細

spacer
Contact Us

株式会社ミルゲート
〒460-0011
名古屋市中区大須2-23-36
ラディアント大須2F

TEL:052-205-8085 
FAX:052-205-8086

Side Menu
Link
  • 株式会社ミルゲート
    WEBサイト制作(ホームページ製作)・インターネット広告、メディアマーケティング、プロモーションまでトータルサポート

アジア・中国関連ニュース詳細

2010年外国人入国者数トップは韓国人、中国人は166万人で第2位―日本

2011年1月15日、昨年1年間に日本に入国した中国人は約166万人で、入国者数トップの韓国人に次いで第2位であることがわかった。日本の華字紙・中文導報が伝えた。 

日本の入国管理局が14日発表した統計によると、2010年に日本を訪れた外国人の入国者総数は約944万人で、前年比約25%の大幅な増加となり過去最高を記録した。しかし日本政府が掲げていた2010年訪日外国人観光客1000万人の目標は、円高や国際関係などの影響により達成していない。 

外国人入国者数の大幅増について入国管理局は、アジア各国の景気回復と経済成長、中国人観光客への個人ビザ(査証)発給条件の緩和などを要因にあげている。入国者数を国別に見ると、韓国が前年比約66%増の約269万人でトップ。次いで中国本土からが前年比約34%増の約166万人で第2位。3位は台湾の131万人、4位は米国人の約76万人、5位は香港からで約48万人だった。だが尖閣諸島での中国漁船衝突事件が発生した9月以降、中国人入国者数は前年比5~12%のマイナスと激減。これが外国人観光客1000万人未達に大きく影響していると思われる。(出典:レコードチャイナ)

 

>詳しくはこちらをごらんください。

中国語圏観光客のための名古屋情報ポータルサイト『畅游日本名古屋网站』

ニュース一覧に戻る
ページTOPへ
spacer